猫と花粉症

3月に入って少しずつですが、暖かい日が増えてきましたね~。

先日の日曜日なんて、昼間20℃まで気温が上がり、薄手とはいえウールを来て

出かけて汗かいちゃいました^^;

 

ところで春といえば今は花粉症がニュースをにぎわす話題になっていますが

対策は立てていますか?

 

今はステロイド注射1本で、その年の花粉症の症状を抑えられる方法とか、投薬で

済む方法とか、いろいろ確立されているようですね。

 

一度花粉症になってしまうと毎年、大変だと思いますが、実はネコちゃんにも

花粉症ってあるのをご存知でしたか?

 

大体2歳以上のネコちゃんがかかる可能性があり、その症状は人間同様、

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、まれに皮膚疾患や目やにが出たりすることもあります。

 

ネコちゃんは自分で鼻をかんだり薬を服用したりできないので、見てると可哀そう

ですよね・・・

できれば花粉症にならないように予防してあげたいものです。

 

f:id:FairyForest:20180307131813j:plain

《猫の花粉症対策5つの方法》

1. 猫を外に出さない

  外飼いしていると花粉症から身を守れません。

  室内でもストレスを感じないよう、一日5分程度でもいいので

  一緒に追いかけっこしたり、狩りを連想させるよう猫じゃらしで

  遊んであげましょう。

  

  外に出さなければ花粉症以外に、交通事故に遭わない、喧嘩して

  怪我したり病気をもらったりしないなどのメリットがあります。

 

2. 被毛をきれいに保つ

  猫は自分でグルーミングできますから、犬ほど頻繁にシャンプー

  しなくてもいいのですが、ブラッシングして花粉やほこりなどを

  とってあげましょう。

 

3. 窓を開けない

  窓を開けたら、そもそも猫さんは出かけてしまいます。

  春になると外の空気を入れたいものですが、花粉が飛散している

  時期はちょっと我慢して、エアコンを効率的に使って乗り切りましょう。

 

4. 空気清浄器や加湿器を置く

  飼い主さんがコートや髪の毛に花粉を付けて持ち帰ってしまうことも  

  ありますから、まず玄関に入る前に払う、空気清浄器を置くなどで

  対処しましょう。

  玄関で花粉を落とせばかなり効果的な対策です。

 

  それに加えて各部屋に空気清浄器を設置し、花粉が舞い散らないよう

  加湿器もつければ、部屋の空気は浄化されます。

 

5. 寝具を清潔に保つ

  一日の2/3ほどの長い時間、眠っていることが多い猫ですから、

  お気に入りのベッドや布団、敷き物は常に清潔に保ちましょう。

  洗濯した時は花粉を払って取り込めば、室内に花粉が侵入することも

  なくなりますね!

 

ネコちゃんのお気に入りの敷物ですが、コルクマットなんてどうでしょうね?

コルクが天然素材であることから、間違って口に入れても安心です。

お手入れも普通に掃除機をかけるだけで実に簡単♪

水やジュースをこぼしてもサッとひと拭きするだけです。

やさしいコルクマットのお店はこちらから♪