読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのごはん、おやつ、水・・・

皆さんのお宅の猫ちゃんはカリカリや猫缶の他におやつをあげていますか?

うちの子たちは内に来た日からほぼ毎日欠かさず、フリーズドライささみを食べています。

元々買っていた三毛猫ミーシャは猫缶が大好きで、普段は主食としてカリカリしか与えていなかったのですが、ある時体調を崩し、食欲が落ちたので猫缶をあげたら大好きになりまして・・・いえ、実はその前に父がマグロのお刺身を毎日のように与えてしまい、カリカリを食べないでお刺身ばかり欲しがるようになってしまったので、仕方なく猫缶をお刺身の代わりにあげるようになったのでした。

御存知の通り、日本の猫ちゃんたちは焼き魚やお刺身が大好きです。イエネコとして日本に上陸したのは6世紀半ば、仏教の伝来とともに中国から渡ってきたとされていて、当然、船の中では特異なネズミ取りをして餌としていたのでしょうが、上陸してからは肉よりも魚を与えられることが多かったため、徐々に魚を食べるようになったのでしょう。

ネコも住む地域によって主食とする餌が若干違いますね。

例えばイタリアに住む猫はパスタが大好きだとか。勿論港町で暮らす猫たちは漁師がくれる魚を食べるのでしょうが、一般家庭で飼われているネコちゃんたちは当然のようにお昼ご飯用に余分にパスタをゆでてもらって、それを食べています。

日本でも、こんなにペットフードが普及する前は当然のように「ねこまんま」と称してご飯にお味噌汁をかけたものを与えられていました。ねこにとっては塩分過多のうけ、必要な栄養素が摂れないので、いまよりもずーっと短命だったのではないでしょうか。

ねこさんはもともと肉食動物ですよね。イエネコの元祖はリビアヤマネコと言われており、当然砂漠地帯で小動物などを捕って食べていた「野生のネコ科動物」ですから、お米やパスタ、魚だけでは必要栄養素を摂ることができません。

ネコ用にわざわざ肉などを調理するのも大変なので、今では猫に必要な栄養が入ったカリカリや猫缶が盛んにつくられていて、飼う側としては楽になりました。

 

うちのネコちゃんたちは基本的にカリカリしか与えていません。ウェットフードはどうしても歯石がついて虫歯や歯槽膿漏になりやすいのと、噛んで食べることで脳への刺激があり、老化も抑えられるのではないかという理由からです。

カリカリにはデメリットもあります。猫缶と違って水分補給が出来ないので、腎疾患・尿疾患になりやすいということです。カリカリをあげるなら、常にきれいなお水をたっぷり用意してあげるようにしましょうね。

お水もわざわざミネラルウォーターなんぞを与える必要はありません。

ミネラルウォーターの中には硬水もあり、硬水はカルシウムやマグネシウムが含まれ、ネコちゃんにとっては尿路結石や膀胱欠席になることがあります。

その点、日本の水道水は安心して与えられる基準に達していますので、水道水で十分だと思います。

カルキの臭いが気になるようなら、ペットボトルに入れて半日以上おいてカルキを抜くとか沸騰させて冷まして与えるなどすればいいと思います。ただし、沸騰させた場合は傷みやすくなるので、その日のうちに使い切ってしまいましょう。

 

f:id:FairyForest:20170317125231p:plain

 *写真は無料動画からの拾いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネルおもちゃ大好き♡

月刊誌「ねこのきもち」ふろくのトンネルです。

もらった当日からアレンもレオンも興味津々で近づいてきたと思ったら

いきなり「ずぼっ」と飛び込んでいきました。

ほんとに猫って狭い所が大好きですね。

飽きることなくいつまでも出たり入ったりしていました。

 

もともと家猫は砂漠地帯に住んでいるリビアヤマネコを祖先に持つと

言われており、その時の名残で狭い岩陰や穴倉に寝床を作って住んで

いたそうです。

 

狭い場所、それが段ボールの箱だろうが土鍋だろうが買い物かごだろうが

おかまいなし。体がピタッと密着する箱モノには目が無いようです。

ズボッとはまった時の音も気に入っているのかもしれませんね。

f:id:FairyForest:20170312161328j:plain

f:id:FairyForest:20170312161350j:plain

レオン マットで遊ぶの巻

毎日、何かしらいたずらを考えているというか、好奇心が旺盛というか、アメショに限らず猫って面白いこと、いっぱいしますよね~w

だから毎日付き合ってて飽きることがないわけだ。

 

この日はお気に入りの玄関マットに寝ころんでいたレオンですが、何故か興奮状態になり、自分で自分を簀巻きにして遊んでました。

うまいこと丸まってしまうもんだ、と感心感心w

しかしいったい、何が楽しいんだか・・・

(マットにダッシュして突っ込み、マットが滑ってそのままひっくり返るなんてことは日常茶飯事だけど)

 

あ、そういえば子供の頃、カーテンに巻き付いて遊んでいたことがあったっけ・・・

友達は学校の体育館のチェーンに巻き付いて遊んでいたら、ポニーテールが挟まってしまった。

子供が絡まっていることを知らない先生がチェーンを引いたもんだから、さあ大変。

ポニーテールごと宙づりになるところでした・・・

幸い彼女の悲鳴に気づいて途中で助け出されましたが、こってり絞られたことは言うまでもありません。

びっくりしたけど、面白かったわwww

 

 

f:id:FairyForest:20170310164441j:plain

f:id:FairyForest:20170310164447j:plain

ペットロス

ペットロス症候群ってお聞きになったこと、ありますよね?

犬猫、鳥、その他の小動物を飼っていらっしゃる方なら当然、亡くした時の気持ちはお分かりになると思います。

私もミーシャを亡くした時、しばらくはうつ状態でした・・・

 

ミーシャが生きているときは知識としてペットロスの症状がわかっていたので、自分はそうならないよう気を張ってきたつもりでしたが、頭で考えていることと気持ちは全く違います。わかっていても悲しい、つらい、さびしい・・・

 

私には子供がいませんが、きっとお子さんを亡くした親の気持ちとよく似ているんじゃないかしら?と思います。

だって、当然のように17年間毎日一緒にいたわけですから、その存在自体が無くなってしまうなんて急には受け入れられません。

 

12歳を過ぎた頃から高齢ネコ特有の病気、腎不全を患いまして、毎月猫の病院に受診に行き、薬を処方されていました。

いつの頃からか水を大量に飲むようになり、それにつれて薄くなったおしっこの量が増えていきました。ある日、血尿が出たので慌てて病院に連れて行って検査したところ、病気がわかったのです。

それから亡くなるまでの約5年間、毎月病院通いをしました。大変だったけど、でも、大切な仔のために続けることは苦ではありませんでしたね~。

完治はしなくても病状が進まないことをいつも願っていました。

それでも亡くなる半年前から急激に痩せてきて、嘔吐や下痢を繰り返すようになった頃のことはつらい思い出として残っています。

あんなに元気でいたずら好きで綺麗だったミーシャが痩せて毛艶も悪くなって、元気がなくなっていく。

人間の年齢にしたら70歳は超えていたのですから、老いていくのは当然ですが、うちに

来たときは生後3ヶ月のほんの子供で、その時を知っているだけに年老いて元気をなくす姿を見るのは耐え難いものがありました・・・

 

唯一の慰めは亡くなる日に私がずーっと膝に抱いていられたことです。

猫は死期を悟ると身を隠すといいます。ミーシャも亡くなる数日前から私から離れて隠れているようになりました。

猫にとってはそのほうが安心だったのかもしれませんが、私の勝手で自分の手元で看取ってやりたいと、その日はミーシャを離さず、抱いていました。

 

そして最期の時・・・ 喉を詰まらせたような音を出し、大きく息を吸うとそのまま永遠の眠りにつきました・・・

信じたくなくてしばらくミーシャを抱いたまま泣いていました。

ミーシャの体が徐々に固くなっていくのを感じて声をかけました。

「みーちゃん、ありがとう」あとは言葉に詰まってなにも言えませんでした。

 

f:id:FairyForest:20170308112226j:plain

写真は3年前、まだ体重も減っていなかった頃のミーシャです。私が生まれて初めて飼った猫ちゃんでした。

 

猫雛(ねこびな)

ひな祭りは終わったけれど、昔 作った「猫雛」がかわいいので、まだ仕舞わずに飾っております。

雛人形は早めに出して、3月3日が終わったらさっさと片付けないと女の子は嫁に行きそびれる、などと申しますが、私はもう結婚してしまったので慌てて片づける必要もないし、年に数日しか飾れないなんて、よくよく考えたらもったいない気がしてきたので、今年は思い切ってひと月かふた月、飾っておこうかと思っています。

こちらのネコ雛、かれこれ17年ほど前に作ったものです。

初代の愛猫ミーシャが迷いネコとしてうちに来た翌年に作ったものじゃなかったかなぁ・・・

懐かしく亡きミーシャを思い出しております・・・

 

猫を飼いはじめた頃って、猫の小物やキャラクター商品を見ると何でもかんでも自分の猫に見えてしまうってこと、ありません?

それまで全く興味の無かったキティちゃんなんかもそうですが、急に愛おしく思えてくるのですよ・・・

冷静に考えたらどう見てもキティちゃんと本物の猫って似てないと思うのですが、当時はなぜかそっくりに見えたりして、猫バカとはよく言ったものです^^;

当然、自分で作ったこのネコ雛も「ミーシャにそっくり」と思って飾っていたのですね。

 

f:id:FairyForest:20170308111143j:plain

そんなミーシャも2年前、17歳で天国に召されてしまいました・・・

 

 

箱入り息子

どこの仔もそうなのでしょうが、ねこちゃんは小さい箱に入るのが大好き♡

Ama○onの箱にすっぽり収まってぐっすり眠ってご満悦だったのですが、兄弟ネコAllen

にちょっかいを出されて、起きてしまいました・・・

 

 

f:id:FairyForest:20170305181848j:plain

アンモニャイト

ネコはこたつで丸くなる~♪ でうたわれる通り、関節も皮膚もやわらかいネコさんは寒い日には本当にまんまるになります=^^=

写真はアレンが椅子の上で真ん丸になってお昼寝している写真です。

クラシックタビー(しましま)模様なので、まさに貝のようです。

ほぼ完全な円になっていたので、何枚も写真を撮ってしまいました~。

どこが頭かわかりますか? 

写真左下あたりが頭と耳です^^

f:id:FairyForest:20170304143242j:plain

ところで、こんな寝方をするのは寒いとき、安心感がある時。寒いときは丸くなることによって被毛の皮膚の薄いおなかや四肢(手足)、尻尾などを縮めて表面積を小さくすることで熱の放散が少なくなり、ぬくぬくと眠ることができるのです。

また、丸くなって熟睡するということは猫にとって、いざという時にすぐ逃げられない状態ということになります。とても安心して眠るということですので、邪魔せずに、そっと寝かせておいてあげましょう。

それと、こういったときに気を付けたいのがやけどです。ストーブの前、コタツの中などは暖かいので近づきすぎて被毛を焦がしてしまうことがあるのです。